センター規約

(名 称)
第1条 当団体は任意団体であり、アナキズム文献センターと称する。
(目 的)
第2条 当団体は、次の事業を営むことを目的とする。
  (1) アナキズム文献センターの永続的な維持管理
  (2) その他アナキズム関連の文献にかかわる事業
  (3) 当団体の法人化の検討
  (4) その他の事業(営利事業を含む)
(所在地)
第3条 当団体は本部事務所を東京都に置く。
(会 員)
第4条 第2条の当団体の目的に賛同し、参加を運営委員会に申し込んだものが会員となる。
(運営委員会)
第5条 運営委員会は、第2条の目的を遂行するために必要な活動を行う。
2 運営委員会は、5人以上の運営委員をもって構成する。
3 運営委員は、総会において会員の中から選出する。
4 運営委員会は、運営委員長を選出し、運営委員長は当団体を代表するものとする。
(作業部会)
第6条 運営委員会は、第2条の目的を遂行するために、作業部会を随時、設立できる。
2 作業部会は、作業の進捗状況を適宜、会員に報告するよう努めることとする。
(法人化検討委員会)
第7条 運営委員会は、第2条の目的を遂行するために、法人化検討委員会を設立できる。
2 法人化検討委員会は、当団体の法人化についての審議ならびに報告を会員に対して行う。
(総会の権能)
第8条 総会は、以下の事項について議決する。
 (1) 当規約の変更
 (2) アナキズム文献センターの建設・移設
 (3) 当団体の法人化
 (4) その他運営に関する重要事項
(総会の開催)
第9条 定例の総会は、最低3年に1回開催する。
2 臨時の総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
 (1) 運営委員会が必要と認め招集の請求をしたとき。
 (2) 会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって招集の請求があったとき。
(総会の招集)
第10条 総会は、運営委員会が招集する。
(総会の議決)
第11条 総会の議事は、出席した会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(資産の構成)
第12条 当団体の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
 (1) 設立当初の財産目録に記載された資産(蔵書を含む)
 (2) 会費
 (3) 寄付金品(蔵書を含む)
 (4) 財産から生じる収入
 (5) 事業に伴う収入
 (6) その他の収入
(資産の管理)
第13条 当団体の資産は、運営委員会が管理する。
(事業報告及び決算)
第14条 当団体の事業報告書等は、毎事業年度終了後、運営委員会が作成し、速やかに会員に知らせなければならない。
2 決算上剰余金を生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。
(事業年度)
第15条 当団体の事業年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。
(当団体の解散)
第16条 当団体は、総会の決議により解散する。
2 当団体が解散するときは、法人化による場合を除き、会員総数の4分の3以上の承諾を得なければならない。
3 法人化による当団体の解散は、出席した会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(残余財産の帰属)
第17条 当団体が解散したときに残存する財産は、総会において決議されたものに譲渡するものとする。
2 法人化による当団体の解散の場合は、前項の規定にかかわらず、新法人に帰属するものとする。
(細 則)
第18条 この規約の施行について必要な細則は、運営委員会がこれを定める。

附則
1.この規約は、当団体の成立の日から施行する。
2.当団体の設立当初の運営委員は、次に掲げる者とする。
3.当団体の設立当初の事業年度は、成立の日から2007(平成19)年12月31日までとする。
4.当団体の設立当初の年会費は、次に掲げる額とする。
   1口 1,000円

以上、2006年7月9日、総会参加者の同意を得て決定した。