『すべての囚人は政治囚である』(1975年/リベーロ社発行)公開

60年代後半〜70年代のアメリカで、「刑務所内革命家・法律家」として、囚人の権利と自由のために、獄中にありながら様々な活動を展開した黒人アナキスト、マーティン・ソスター(1923〜2015)。彼が1975年に発表したパンフレット『すべての囚人は政治囚である』(1975年/リベーロ社発行)の日本語訳を公開します。当時のアナキズム文献センターに設けられていた国際通信部(CIRA NIPPON国際通信部翻訳)による翻訳です。

続きを読む →

『アナキズム文献センター通信 53号』を発行

『アナキズム文献センター通信 53号』(2020年6月25日号)を発行いたしました(今号は12ページ)。巻頭は九州大・小野容照さんによる「在米朝鮮人アナーキストの雑誌『黒風』について」。少しマニアックな内容ですが、知られざる戦前の日朝アナーキスト、アジアと欧米の交流に光を当てた貴重な史料紹介です。

「日朝アナーキストの情報交換、アジアと欧米の交流といったアナーキズムのグローバルな展開の一端を示す重要な史料だといえるだろう」(本文より)

そのほか、海老原弘子さん「テキスト×アナキスト②LA ACADEMIA/アカデミア活版印刷所」も好評連載中です。

それ以外の掲載記事は以下の通り。
続きを読む →

【緊急寄稿】
感染症×アナキスト(医療編)/海老原弘子

「感染症×アナキスト(医療編)
〈アナキスト医師/イサック・プエンテ〉」

当センター通信で連載「テキスト×アナキスト」がスタートしたばかりの海老原弘子さんによる緊急寄稿「感染症×アナキスト」後編(医療編)を掲載します。
*前編(教育編ーアナキスト教育者/フェレ・イ・グアルディア)はこちらから。

ベストセラー作家クロポトキン

《現代の学校》を創設したアナキスト教育者フランシスコ・フェレ・イ・グアルディアの敵は、カトリック教会だけではなかった。政治、 経済、文化と権威を頂点とするピラミッド型組織として成り立つ各界の大物の中に、フェレを憎んでいた者は数知れない。あらゆる権威を否定するフェレは、既存のスペイン社会全体にとっての「Persona non grata(好ましからざる人物)」だったのだ。
続きを読む →

【緊急寄稿】
感染症×アナキスト(教育編)/海老原弘子

「感染症×アナキスト(教育編)
〈アナキスト教育者/フェレ・イ・グアルディア〉」

当センター通信で連載「テキスト×アナキスト」がスタートしたばかりの海老原弘子さんによる緊急寄稿「感染症×アナキスト」前編(教育編)を掲載します。
*後編はこちらから→医療編-〈アナキスト医師/イサック・プエンテ〉

ガウディと反カトリック運動

サグラダファミリア(聖家族教会)の建築家として知られるアントニ・ガウディ。建築家を志してバルセロナで暮らし始めた若きガウディは、同じくレウス出身の実業家フランセスク・オリベがカタルーニャ広場近くに開いたカフェ・ペライオに足を運んだ。そこの常連の一人だったのが、同郷の友人ジョセップ・リュナス・プジャルス。《対脳ダイナマイト(書物によるプロパガンダ)》 を提唱して、後にカタルーニャのアナルコシンディカリズムの第一人者と目される印刷工である。1875年に開店したペライオは「《Anticlerical/反教権主義》のカフェ」として知られ、 カトリック教会を批判するスピーチや討論会が日々繰り広げられていた。
続きを読む →

『アナキズム文献センター通信 52号』を発行

リニューアル号となる『アナキズム文献センター通信 52号』(2020年3月25日号)を発行いたしました。(今号からA5サイズに変更)
巻頭は海老原弘子さんによる連載の初回「テキスト×アナキスト①DINAMITA CEREBRAL/対脳ダイナマイト」です。
全4回(予定)で出版活動など文化の面からカタルーニャのアナキズムについて書いていただきます。

それ以外の掲載記事は以下の通り。
続きを読む →

『文献センター通信 51号』を発行

『文献センター通信 51号』(2020年1月1日号)を発行いたしました。
巻頭は「通信のリニューアルとアナキズム情報紙の創刊」についてのご報告とお知らせです。
本センター通信は、次号(52号=3/1号)より紙面をリニューアルします。隔月刊から年4回刊に戻る一方で、隔月刊を担った編集委員が当センターとは別枠で新たにアナキズム情報紙(月刊・創刊時期未定)を創刊。本通信は文献センター本来の課題やテーマを追求していきます。

他の主な掲載記事は以下の通り。
続きを読む →

2020年アナキズムカレンダー刊行!

恒例のアナキズムカレンダー2020年版を刊行いたしました。
テーマは「エマ・ゴールドマン1869-1940」。
「もし、ダンスができないのであれば、私はその革命に加わりたくない」で知られるエマ・ゴールドマン。1940年に亡くなるまで、アナキストとして生涯を貫きました。
図版では、エマの多彩の活動が伝わるよう、生涯の同志であるアレクサンダー・バークマン、幸徳秋水らが処刑された大逆事件に対する日本政府への抗議や救済を世界に呼びかけた雑誌『マザーアース(母なる大地)』、日本でもっとも強くエマに思想的な影響を受けた伊藤野枝訳の文章、「平民新聞」でのエマ自伝の連載時のイラストなどを紹介。

続きを読む →

<お知らせ>富士宮の文献センターで合宿会合を開催←中止

<台風のため中止となりました。>

2019年10月12(土)〜13日(日)にアナキズム文献センターの富士宮書庫にて合宿会合を開催します。
おかげさまで、新しい編集部の元で通信を隔月刊行してすでに4号目。入会希望も増えており、情報発信の面では順調に動いているところです。
続きを読む →